ホーム > 宅地建物取引士について

宅地建物取引士について

令和元年度 試験案内

実施公告 6月7日(金)
試験日 10月20日(日)試験地 奈良県
合格発表 期日
12月4日(水)


方法
都道府県ごとに、指定した場所(試験案内に掲載)に、合格者名簿、合否判定基準及び正解番号を掲示する。


備考
(1) 合格証書の発送
合格者に理事長名(知事職名連記)の合格証書を発送する。
(2) 機構ホームページへの掲載<令和元年12月4日~令和2年6月4日17時30分> 合格者受験番号、合否判定基準及び正解番号を掲載する。
(3) 携帯電話による確認<令和元年12月4日~令和2年12月18日17時30分>機構ホームページへのアクセスにより、合格者受験番号及び合否判定基準の確認できるシステムを設定する。(※携帯電話では正解番号を確認することはできません)

試験時間 午後1時から3時まで。但し、宅地建物取引業法第16条第3項により、試験の一部免除を受けようとする者は、午後1時10分から3時まで。
試験会場 受験申込み受付の際、指定します。
受験資格 年齢、性別、学歴等に関係なく、だれでも受験することができます。
申込書の配布期間 試験案内書の配布期間および配布場所
下記の場所にて令和元年7月1日(月)~7月31日(水)まで配布します。
(公社)奈良県宅地建物取引業協会本部・県内の一部の書店 でも配布。


郵送での配布
試験案内書を郵送でご希望の方は、下記の手順で7月19日(金)までに送付してください。 A4サイズの用紙が折らずに入る返信用封筒(角2サイズ)に返信先住所・氏名を記入して、140円分の切手を貼付。 2部以上希望する場合は、切手の金額が変わります。 2部-205円、3部・4部-250円、5部-380円
上記返信用封筒を封入した封筒の表面に「宅建試験案内請求」と朱書して、必ず7月19日(金)までに(公社)奈良県宅建協会に送付してください。
〒630-8133
奈良市大安寺6丁目20-3
(奈良県宅建会館)
(公社)奈良県宅地建物取引業協会
※送付期限を過ぎたもの、返信用封筒に不備があるものには返信いたしません。

申込方法 及び 申込受付期間 インターネットによる申込方法及び期間
申込手順はこちら
7月1日(月)9:30~7月16日(火)21:59
URL  http://www.retio.or.jp


郵送による申込方法及び期間
期間 令和元年7月1日(月)~7月31日(水)までの消印のあるものに限り有効


郵送方法並びに送付先
試験案内書が入っていた封筒で簡易書留にて下記に郵送してください。
〒630-8133 奈良市大安寺6丁目20-3 (公社)奈良県宅地建物取引業協会
1提出書類
[1]受験申込書 [試験案内とじこみ]
(※所定の受験手数料払込受付証明書を申込書に貼付のこと)

[2]写真1枚[縦4.5cm×横3.5cm](※縁取りは含まず、顔の大きさが縦3.2cm~3.6cm、平成31年4月1日以降に撮影した上半身、無帽、正面向き、無背景)

2登録講習終了者
前項[1][2]に加え、登録講習修了者証明書[原本] ※修了試験合格が平成28年10月16日以降のものに限ります。 ※その他試験案内書に記載のとおり。 ※持参による受付は行っておりません。

受験手数料 7,000円
問い合わせ先 (公社)奈良県宅地建物取引業協会
〒630-8133 奈良市大安寺6丁目20-3 奈良県宅建会館
TEL 0742-61-4528

試験の内容・方法について

内容 1.土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。
2.土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。
3.土地及び建物についての法令上の制限に関すること。
4.宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。
5.宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること
6.宅地及び建物の価格の評定に関すること。
7.宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。
方法 50問4肢択一による筆記試験

・この試験は、全国都道府県で同一の問題で同時に行います。
・出題の根拠となる法令は、平成29年4月1日現在施行 されているものです。
・解答用紙は、マークシート方式を採用します。
・法令集・電卓等の計算機類の使用は禁止します。
・スマートフォン・スマートウォッチ等無線通信機器類を持込んだ場合、監督員の指示に従って処置してください。指示に従わずに所持していることが判明した場合不正受験とみなします。(時計代わりに使用することはできません。)
試験時間中の途中退出は禁止します。

ページトップ